2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2017.04.04 (Tue)

ショルダーキーボードについて その3

ショルダーキーボードについて その2のつづき。

どれがいいの?
ひとつずつ検証してみようかな・・・。

Roland AX-Synth

20170402006.jpg

このキーボードは既に販売終了。
手に入れるとしたら、オークション等で中古を手にいれるしかない。
電子楽器の中古は・・・う~~ん・・・。
苦い経験もあり、あまり好きではない。

評判は、音はいいけど、重いらしい。鍵盤も多いからか。

Yamaha reface YC


20170402004.jpg

ちっちゃくて、かわいい。
ミニ鍵盤。僕の太い指でも弾けるのか?
・・・ピアニカ弾けるから、弾けるかも・・・?

音の評判はいい。しかし、これはオルガンなので、オルガンの音色しか出ない。
シンセでのショルダープレイがしたくなったら、このシリーズのシンセも別に買わなきゃならない。
・・・う~ん・・・。


KORG RK-100S


20170402005.jpg


なかなか良さそう。
しかし、これもミニ鍵盤。AX7の標準鍵盤に比べたら、弾きにくそう。
ネックコントローラー部分、ベンドしながらモジュレーションって出来ない、という評判をあるサイトで見て・・・これも減点かなあ・・・。

僕はショルダーキーボードでシンセ音とオルガン音を時と場合で使い分けたいと思っているのですが、
・・・この楽器のオルガン音は、どうなのかなあ・・・。



この動画を見ると、シンセ音はいい感じだけど・・・。

動画では、ベンドしながらモジュレーションは出来ないからか、ギターのビブラートみたいな奏法してますね。
それもアリかも。

QUICCO SOUND mi.1

20170402007.jpg

これだと、お気に入りのAX7が使える。
好きな音色をipad等にセットすれば、その音色を使える。
音源アプリも豊富にありそうだし、ipad等に最初から入っているGarageBandというアプリでも演奏可能。

しかし、MIDIをワイヤレスで飛ばす事や、シンセ専用機とは違い、コンピュータ特有のレイテンシー等の問題等、未知な部分があり・・・

う~ん・・・

ひとまず、次回は値段を検証してみたいと思います。


つづく。

タグ : mi.1 SOUND QUICCO RK-100S reface AX-Synth

17:15  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.04.03 (Mon)

ショルダーキーボードについて その2

ショルダーキーボードについて その1のつづき。

ギタリストや、ハープ奏者のように、ワイヤレスでプレイしてみたい!!
・・・ということで、今考えられるプラン。


AX7はあきらめて、いっそ、音源内蔵でショルダープレイが出来るキーボードを買っちゃう。

Roland AX-Synth

20170402006.jpg

AX7の後にRolandから発売されたショルダーキーボード。
この機種には、音源が内蔵されている。
OUTPUTからギター用等のワイヤレス送信機に繋げば、ワイヤレスプレイ可。


Yamaha reface YC


20170402004.jpg

小型のオルガン。音色、レスリーシミュレーター、評判よし。
別売アタッチメントをつければ、ショルダーキーボードになる。
OUTPUTからギター用等のワイヤレス送信機に繋げば、ワイヤレスプレイ可。


KORG RK-100S


20170402005.jpg


KORGのショルダーキーボード。
シンセ音源内蔵。
OUTPUTからギター用等のワイヤレス送信機に繋げば、ワイヤレスプレイ可。



AX7を活用。MIDI信号を電波で飛ばす。


QUICCO SOUND mi.1

20170402007.jpg

MIDI信号をBluetoothで飛ばすツール。ただし、受信するためには、Macかipadかiphoneかipod touchが必要。

こんな感じか?

どれがいいの?


つづく

タグ : AX-Synth reface RK-100S QUICCO SOUND mi.1

17:15  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.04.02 (Sun)

ショルダーキーボードについて その1

僕が持っているショルダーキーボード。

20170402001.jpg

Roland AX7

2005年製。買ってから、もはや12年にもなるが、とても気に入ってます。

【長所】
ミニ鍵盤ではなく、標準鍵盤なので、弾きやすい。

20170402002.jpg

EXPRESSON BAR。
左手の指で押して使います。
通常、モジュレーションを割り当てます。
つまり、押すことによって、ビブラートをかけられます。
押す強さも感知します。

TOUCH CONTOROLLER。
リボンコントローラ風。真ん中から右にスライドすると、ベンドアップ。
真ん中から左にスライドすると、ベンドダウン。
ギターのスライド奏法のように使用します。

この2つを駆使すると、ベンドアップしながら派手にビブラート、なんて奏法も可能です。


20170402003.jpg

データエントリーノブ。
通常、ボリューム情報を割り当てます。右に回すと音が大きくなり、左に回すと音が小さくなります。

サスティンボタン。
押すと、鍵盤を離しても、音が伸びます。

このネックコントローラー部分の設計も凄く気に入ってます。非常に使いやすい。

【短所】
この楽器には、音源は内蔵していません。
シンセサイザーではなく、MIDIコントローラーです。
MIDI対応の音源がないと音が出ません。

僕の場合は、据え置き型シンセ等のMIDI INに挿して、音を出してます。



立ちプレイでのパフォーマンスは可能ですが、長~いMIDIケーブルが必要で、これが意外に邪魔。
ギタリストや、ハープ奏者のように、ワイヤレスでプレイしてみたい!!

それで、いろいろ対策法を考えている今日このごろなのです・・・。


つづく





タグ : ショルダーキーボード AX7

17:58  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.02.12 (Sun)

僕の自己練習環境

僕の自己練習環境はこんな感じ(^^)

20170212001.jpg

最近は、何をするにもパソコンが欠かせません。
楽器の音もオーディオインターフェイスを介して、パソコンに送られてます。


20170212004.jpg

BPMinus
というフリーソフトを使ってます。耳コピもやりやすいし。
スペースキーでスタート、ストップ。アローキーの左でちょっと巻き戻し、右でちょっと早送り。
とっても便利です。
今はKoknというMISIAのコピーバンドの為の自己練習をしております。
リハの録音音源を聞きながら、自己練習してます。

最近までヘッドホンをつけて、練習をしていたのですが、なるべくスピーカーから出す方針に変えました。
理由は、難聴になりたくないからです。耳の調子がよくないので。
そして、スピーカーの方が疲れませんね。

スピーカーはGENELECの8020Aという機種です。


20170212005.jpg

オーディオインターフェイスはTASCAM オーディオMIDIインターフェース 16入力8出力 US-16x08です。

で、いま練習してる曲は、
2月18日18時30分
青森市新町キューブにて、Kokn MISIA Tribute Live!

で演奏します。

チケット1000円(ドリンク別)です。
お時間のあるお方、MISIAファンの方は是非!!


22:25  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.02.20 (Sat)

これから演奏

BBheadsの演奏。
 
荻窪ルースターノースサイドにて。
 
東京は雨です。
 
18:12  |  携帯からの投稿  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。