2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2017.04.02 (Sun)

ショルダーキーボードについて その1

僕が持っているショルダーキーボード。

20170402001.jpg

Roland AX7

2005年製。買ってから、もはや12年にもなるが、とても気に入ってます。

【長所】
ミニ鍵盤ではなく、標準鍵盤なので、弾きやすい。

20170402002.jpg

EXPRESSON BAR。
左手の指で押して使います。
通常、モジュレーションを割り当てます。
つまり、押すことによって、ビブラートをかけられます。
押す強さも感知します。

TOUCH CONTOROLLER。
リボンコントローラ風。真ん中から右にスライドすると、ベンドアップ。
真ん中から左にスライドすると、ベンドダウン。
ギターのスライド奏法のように使用します。

この2つを駆使すると、ベンドアップしながら派手にビブラート、なんて奏法も可能です。


20170402003.jpg

データエントリーノブ。
通常、ボリューム情報を割り当てます。右に回すと音が大きくなり、左に回すと音が小さくなります。

サスティンボタン。
押すと、鍵盤を離しても、音が伸びます。

このネックコントローラー部分の設計も凄く気に入ってます。非常に使いやすい。

【短所】
この楽器には、音源は内蔵していません。
シンセサイザーではなく、MIDIコントローラーです。
MIDI対応の音源がないと音が出ません。

僕の場合は、据え置き型シンセ等のMIDI INに挿して、音を出してます。



立ちプレイでのパフォーマンスは可能ですが、長~いMIDIケーブルが必要で、これが意外に邪魔。
ギタリストや、ハープ奏者のように、ワイヤレスでプレイしてみたい!!

それで、いろいろ対策法を考えている今日このごろなのです・・・。


つづく





タグ : ショルダーキーボード AX7

17:58  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.02.12 (Sun)

僕の自己練習環境

僕の自己練習環境はこんな感じ(^^)

20170212001.jpg

最近は、何をするにもパソコンが欠かせません。
楽器の音もオーディオインターフェイスを介して、パソコンに送られてます。


20170212004.jpg

BPMinus
というフリーソフトを使ってます。耳コピもやりやすいし。
スペースキーでスタート、ストップ。アローキーの左でちょっと巻き戻し、右でちょっと早送り。
とっても便利です。
今はKoknというMISIAのコピーバンドの為の自己練習をしております。
リハの録音音源を聞きながら、自己練習してます。

最近までヘッドホンをつけて、練習をしていたのですが、なるべくスピーカーから出す方針に変えました。
理由は、難聴になりたくないからです。耳の調子がよくないので。
そして、スピーカーの方が疲れませんね。

スピーカーはGENELECの8020Aという機種です。


20170212005.jpg

オーディオインターフェイスはTASCAM オーディオMIDIインターフェース 16入力8出力 US-16x08です。

で、いま練習してる曲は、
2月18日18時30分
青森市新町キューブにて、Kokn MISIA Tribute Live!

で演奏します。

チケット1000円(ドリンク別)です。
お時間のあるお方、MISIAファンの方は是非!!


22:25  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.08.22 (Sat)

HERCULES STANDS KS118B

キーボードスタンド、

HERCULES STANDS KS118B

を購入。

ちなみに、今回の購入のポイントは、

●軽量と堅牢を兼ね備えた品。
●一段でOK。
●立ち演奏が可能なこと。つまり、高さ調整の自由度が高い。

品と言うこと。

物色しているうちに、今回のポイントを満たす品は、X型スタンドで、シングル(ダブルは安定するが、重いので)、
支点が華奢なのは、演奏中に潰れて・・・みたいなトラブルの例もあるらしいので、
支点がしっかりしている品が好ましい品、と絞り込む。


その中で、これは!!と思い、購入した品が・・・


HERCULES STANDS KS118B


使用してみた結果、大変、満足しております。

なので、少しばかり、レビューをしたいと思います。

20150821001.jpg

高さ調整は6段階。この写真は上から2段目。
身長175cmの僕が、立ち演奏で丁度いいくらいです。
ちなみに、僕は、立ち演奏は鍵盤はやや高めが好みですが、丁度いいです。

X型スタンドは、高さを高めにすると必然的に幅が狭くなりますが、61鍵盤だとこの幅でも、実際に弾いてみて問題ないです。
安定して弾ける感じです。


20150821007.jpg

ピアノと同じ高さにしてみました。
耐荷重:80Kgなので、大型鍵盤でも大丈夫そうです。


20150821006.jpg

ちなみに、一番低くすると、こんな感じ。


20150821008.jpg

オレンジ部分を回すと、四カ所中の一カ所だけ高さの微調整が出来、ガタツキが軽減されます。
これも、かなりありがたいアイデアです。


20150821004.jpg

支点部分。

20150821003.jpg

レバーを握ると・・・

20150821005.jpg

ロック解除。かなりしっかりした作りです。





20150821009.jpg

X型スタンドなので、たためば、こんな感じで、ペタッとします。
コンパクトですね~。

・・・しか~し。

ここまでは、ふつーのX型スタンドだが・・・
しか~し・・・!!

20150821010.jpg

ここについてる、六角レンチで・・・


20150821011.jpg

4箇所ほどゆるめ・・・

20150821012.jpg

20150821014.jpg

たたむと・・・


20150821015.jpg

更にここまで小さくなります。
これは、今までなかったアイデアですね。

更に!!

20150821016.jpg

このような純正のケースも売ってます。


20150821017.jpg

20150821019.jpg

さすが、純正だけあり、内部でマジックテープでスタンドを固定出来る仕組みが何箇所が施されています。

20150821018.jpg

収納後はこんな感じ。
長さは61鍵キーボードのRoland VR09 と比較していただければ、想像できると思います。
ケースの容量には少しばかり余裕があり、譜面台を一緒に入れてみましたが、問題ありませんでした。

・・・ということで、このスタンド、大変気に入りました!!
ケースともに、

★★★★★で!!






00:09  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.01.24 (Sat)

TAKANAKA SUPER COLLECTION

高中正義氏のDVDにハマってます。

いろんな見処がありますが、僕が特に注目しているのは、このバンドのセカンドギター、稲葉ナルヒさんの存在です。
2000年より高中氏のレコーディングに携わるレコーディングエンジニアが本業。
ギターも弾ける、高中ファンでもあるということで、高中氏から直々にレコーディングだけではなく、セカンドギターもやってくれ、とオファーがあり、
2010/9/4付けのTAKANAKA Weblogに記事あり。
このDVDでも参加してますが、原曲に非常に忠実なバッキング、その再現性がすばらしい!!
現在の高中サウンドにとても貢献しており、注目しております。

TAKANAKA weblogと合わせて見れば、楽しさ倍増ですね。

2011/2/9の稲葉さんの記事
も注目です♪

そうそう、ゲストにポンタさんや、後藤次利さんも参加してます。
見処満載です♪





16:31  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.09.06 (Fri)

あしたはいよいよ定禅寺ライブ。

あしたはいよいよ定禅寺ライブ。
で、ホテルから会場まで台車で楽器を運ぶ必要があるのだが、

・・・どんな積み方にしようか・・・。

いろいろ実験して、荷締ベルトなるものも購入して・・・

これで行こうと思います。

20130906001.jpg
21:56  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。