2018年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2018.01.09 (Tue)

Jazzband"moon" SNSはじめました

Jazzband"moon" SNS始めました。

下にリンクを貼っておきました。
皆様、よろしくお願いいたします。

YouTube
Facebook
Twitter
スポンサーサイト
22:49  |  JazzBand"moon"  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.11.11 (Sat)

JazzBand"moon"Christmas Live

ライブ告知です。

「JazzBand "moon"クリスマスライブ」
2017/12/10(日)

場所:Cafe Bar ATOM
青森市安方二丁目9-7 福原ビル2F

開場:17:30
開演:18:30
チケット:60枚限定 500円(要ドリンクオーダー)

お問い合わせはCafe Bar ATOM 017-775-1330
もしくはこちらへ。

moon_2017_poster.jpg
14:46  |  JazzBand"moon"  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.05.04 (Thu)

昨日のライブでの使用機材について

昨日、BBHeadsライブをBears青森さんで行いました。
お越しいただいた方々、どうもありがとうございました。

さて、昨日使用した僕の機材について、記事にしたいと思います。

20170503_181827395.jpg

これが昨日使用した機材の写真。
デジタルピアノはお店のものです。

譜面台に乗っているのはipad
LightningケーブルでMIDIオーディオインターフェイス、KORG plugKEYに繋がってます。
KORG plugKEYのMIDI IN端子には、デジタルピアノのMIDI OUTからのMIDIケーブルが繋がってます。KORG plugKEYのLINE OUT(MONO)から、DIを介して、ミキサーに音声信号が送られています。
この状態で、デジタルピアノを弾くと、ipadから音が出て、ミキサーに音声が送られます。

ipadで使用したアプリは、ipadを購入したとき初めからインストールされていた「Garage band」と、後で購入したKORGの「module」です。
オルガンはGarage bandの音色、ピアノはmoduleの音色を使用しました。

レイテンシーはほぼありません。
が、今日、指が痛いのは、「なんか、鍵盤重い?」と感じ、強めに弾いたからか?重く感じたのは、若干レイテンシーがあったからかも?とは感じております。レイテンシーがあったとしても、そのくらい微々たるものです。なので、プレイにはほぼ問題ない、と思っております。

音色は、Garage bandのオルガンは、かなり気に入ってます。ドローバーが使えるのがうれしい。
静かな曲で細~~いオルガンの音をヒョロヒョロヒョロ~~~って入れるのは、ドローバーで作った音でないと、なかなか出来ません。それが可能なので、嬉しい。
太い音もバッチリ。ロータリーシミュレーターもなかなか!!

Garage bandのピアノは、あまり好みではなかったので、moduleを購入しました。・・・まあまあかな・・・。ピアノはもうちょっと研究してみたいと思います。

加えて・・・

20170503_181920604.jpg

Roland AX7を使用。

20170402007.jpg

このQUICCO SOUND mi.1

20170406001.jpg

AX7のMIDI端子に繋いで、BluetoothでipadにMIDI信号を飛ばして使用。
ipadのオルガン音色をショルキーで弾きました。
問題なく使用できました。
ただ、ライブハウスくらいの箱だと電波が届くのでいいのですが、野外などは、あまり遠くへ離れると電波が途切れる可能性があります。僕の実験では、途切れるだけならまだいいのですが、最悪、認識まで切断されてしまう事がありました。そうなると、近づいても、うんともすんとも、反応ありません。もう一度、ipad画面で接続設定をしてあげる必要があります。よって、プレイ中だと、復旧不可能です。野外では、違う方法で使用した方がいいのかな、と思ってます。届く距離の目安として、障害物なしで、10mかなあ・・・。

まとめとして・・・

ipadをピンライブ一本、使い切れたのは、とても収穫でした。
コンピューター的な機器は、意図しないフリーズなどが怖いので、いままで避けていましたが、ipadは信頼できるかな、と。
以前、東京LIVEなどに、重たい音源モジュールをキャスターに括り付けて引き回して持って行ってましたが、次回からは、ipad一枚で済みそう♪嬉しい!!

と、まだまだ書きたいことは山程ありますが、長文になりすぎてしまったので、以上とします。(^^)

タグ : mi.1 AX7 ショルダーキーボード ipad

11:16  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.04.06 (Thu)

ショルダーキーボードについて その5

ショルダーキーボードについて その4のつづき。

悩んだ結果・・・

QUICCO SOUND mi.1ipad(2017/3/21発売版,ipad第五世代)を購入しました。

20170406002.jpg

40,824(ipad) + 4,536(mi.1) = 45,360円 かかりました。

20170406001.jpg

Roland AX7にこのように装着して・・・

簡単な設定を行い・・・

20170406003.jpg

ipadに最初から入っているGarage Bandというアプリを立ち上げると、すぐにワイヤレス演奏が出来ました。

ほんの少しレイテンシーがあります。
「ちょっと重めの鍵盤かな」
くらいの。

まあ、ギリギリ許容範囲かな・・・。
ショルキーを持って、家の隅々まで歩いてみましたが、普通に鳴ってました。

しかし、実際にライブで使ってみないと、本当に使えるのかはよく分かりません。


そして、いろいろ調べていたら・・・

mi.1が2つあれば、下図のようなセッティングも出来るという事が分かりました。

20170406005.jpg

この場合、ipadの役割は、ワイヤレスmidiの送受信の中継器オンリーとなります。
これだと、使い慣れてるシンセが音源として使える!!

・・・ということで、mi.1をもうひとつ注文しています。
届いたらテストしてみたいと思います。


つづく



18:43  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.04.05 (Wed)

ショルダーキーボードについて その4

ショルダーキーボードについて その3のつづき。

候補の機種を値段で検証。

Roland AX-Synth

20170402006.jpg

販売終了なので、手に入れるとしたら、オークション等で中古を手にいれるしかない。
それでも現品はなかなかない。
中古販売の履歴を見る限り、77,800円~110,000円くらいで取引されてた感じ。

http://closedsearch.auctions.yahoo.co.jp/closedsearch/ROLAND+AX-SYNTH+%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC/0/

上記ページを参考にしました。
中古でも高いね。

サウンドハウスさんで売ってる、安価なワイヤレスを買えば、プラス14,688円(税込)
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/229853/

つまり、ワイヤレス演奏を実現するには、
92,488円~124,688円必要


Yamaha reface YC


20170402004.jpg

今日現在だと、amazonでもsoundhouseでも、47,304円(税込)
ショルキーにするためにアタッチメントが必要で、5,400円(税込)
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/210685/

サウンドハウスさんで売ってる、安価なワイヤレスを買えば、プラス14,688円(税込)
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/229853/

つまり、ワイヤレス演奏を実現するには、
47,304 + 5,400 + 14,688 = 67,392円必要

ただし、出る音色はオルガンのみ。


KORG RK-100S


20170402005.jpg


先日まで5万円代であったと思ったのに、突如消えた・・・。
謎です。

現在amazonでぼったくり価格のモノしか・・・見つけることができない!!

なんと、240,220~264,580円。

サウンドハウスさんで売ってる、安価なワイヤレスを買えば、プラス14,688円(税込)
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/229853/

ワイヤレス演奏を実現するには、
254,908円~279,268円必要


QUICCO SOUND mi.1

20170402007.jpg

このアタッチメント自体は4,536円(税込)。

しかし、僕の場合は、iphone、ipad、mac、ipod touchのいずれかを買う必要がある。

・・・いろいろ調べていたら、2017/3/21付けで、廉価版の新型ipadが出ていたので、それで計算すると・・・
ipad = 40,824円(税込)

僕の場合は、ショルダーキーボードとオーディオインターフェイスも持っているので、この2つさえあれば、ワイヤレスは実現出来ると思われ・・・

40,824 + 4,536 = 45,360円必要となる。

ただ、前回も書いたけど、レイテンシー、安定性等のコンピュータ特有のリスクがありそうなのが怖いが・・・。






・・・しかし!!

よし決めた!!


つづく

タグ : mi.1 SOUND QUICCO RK-100S reface AX-Synth AX7 ショルダーキーボード

17:15  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。